取り扱い方法とお手入れ

フィスラーの圧力鍋は、高機能ながらシンプルで使いやすく、お手入れも簡単です。
快適にご使用いただくために、以下の注意事項をご確認ください。また、取り扱い説明書を良くお読みください

取り扱い動画

  • ご使用の前に
  • メインバルブの取り外し・洗浄方法
  • メインバルブの取り付け方
  • Coming Soon
  • Coming Soon

ご使用にあたって

  • 調理目的以外にはご使用にならないでください。
  • 取っ手にゆるみがないかどうか確認してください。(取っ手が外れる原因になります)
  • ご使用前に圧力表示・アロマピー・ゴムパッキンに付着物の有無・劣化・取り付けが正常であるかを確認してください。
  • メインバルブの圧力表示とアロマピーを下から指で押し上げて、目詰まりをしていたり、ひっかかったりしていないか確かめてください。
    ※目詰まりを起こしていると、メインバルブが正常に作動せず、事故につながる危険性があります。
  • 電子レンジでは使用しないでください。
  • ゴムパッキンは、異物がつかないように、よく拭いてからセットしてください。
    ※ゴムパッキンは、約400回(約1~2年)のご使用を目安に、交換してください。

ご使用前の注意

  • 【1】空焚きはしないでください。
  • 【2】重曹や多量の油は使用しないでください。
    (カレー・シチューのルウなどを入れて圧力をかけないでください)
  • 【3】調理量を守ってください。1回の調理量はなべの容量の 2/3 以下
    (食材と水分量を含む)を守ってください。

普通の食材2/3まで 豆・穀物類1/3まで

  • ※豆穀物類など煮炊きすることによって分量が増すものについてはなべの容量の
    1/3 以下を守ってください。
  • ※尚、豆については、豆と水分をいれた上に蒸し器またはおとしフタを置いてください。

  • 【4】フタを閉めるときはフタについている●印と本体取っ手の●印が合うようにフタをおいて、
    フタと本体がきちんとかみ合っていることを確認してからスライドさせてください。

ご使用中の注意

  • 【1】火力に注意してください。
    炎はなべ底からはみ出さないようにしてください。
  • 【2】水は最低1カップ入れてください。
  • 【3】蒸気排気口からの蒸気に気をつけてください。(排気口を人に向けないでください)
  • 【4】圧力を抜いてからフタを開けてください。
    圧力が完全に抜けているのを確認してからフタを開けてください。

~圧力が完全に抜けている状態とは?~
表示ピンとアロマピーが完全に下がった状態です。
フタ取っ手の安全レバーを前方に押したときにフタ取っ手の前面(蒸気排気口)からシューと蒸気が出る場合は
まだ鍋内に圧力が残っています。蒸気を出し切って、アロマピーが下がるのを確認してください。
フタを開ける前に、少し鍋を振ってから、開けてください。

説明書ダウンロード

こちらから、最新版の取り扱い説明書をダウンロードしていただけます。
旧型の製品に関するご質問はカスタマーサービスまでご連絡ください。

Copyright© FISSLER JAPAN Ltd. All Right Reserved.