正しく、シンプルに焼き上げる

3つのポイントをおさえれば大丈夫
食材を上手に焼き上げる、または炒めるためには3つの重要な要素があります。
すなわち、適切なフライパン、適切な調理法、そして適切な油分です。

これ以上簡単なことはありません
焦げ付かないようにやさしく食材を炒めるにはフッ素コーティングされたフライパンを使います。
例えば「プロテクト」ラインのフライパンと、少量のオイル、そして正しい方法で炒めることです。

  1. 1.(ペーパータオルに3-4滴のオイルをたらして)フライパンに油を塗ります。
  2. 2.中温(最高温度の3分の2程度)まで熱します。フライパンが高温度になりすぎないよう注意してください。
  3. 3.必要に応じて、少量のオイルを足します。(これは炒め料理に香り付けをするためです。)
  4. 4.材料をフライパンに入れてまんべんなく炒めます。長く使っていただくためには、できるだけプラスティックや木製のキッチン用具を用いて、ナイ フや尖ったもの、メタル製のものは避けてください。引っかき傷をつくったり、コーティングをはがしてしまうようなクリーナーでは洗わないようにし ましょう。フッ素加工フライパンの洗浄は、お湯で洗い流すだけで充分です。
プロテクトの商品詳細

こんがりと焼き上げるには
食材を手早くこんがりと焼くためには、高温に熱することができるフライパンが必要です。例えば、ステンレス製の「クリスピー」ラインが良いでしょう。それにココナッツオイルまたは、ピーナッツオイルなどを高温に熱して加え、正しい焼き方で進めます。

  1. 1.オイルを使わずにフライパンを中温(オーブンの最高温度の3分の2程度)に熱します。
  2. 2.3-4分ほどそのままにします。
  3. 3.フライパンが最適な温度に達したか確認するため、水滴をたらします。フライパンの中に濡れた指を振って水滴をおとします。水滴が透明のままでフライパンの中をコロコロと転がったら、適温に達したしるしです。そういう状態になるまで、熱し続けてください。
  4. 4.ペーパータオルを使って慎重に水をフライパンからふき取ります。
  5. 5.少量のオイルをフライパンに垂らします。
  6. 6.フライパンの中に塩をふらずに食材を置きます。
  7. 7.どのようなものでも、急速にステンレスにくっつきます。ここで慌てず、少し待ちます。2-3分ほどで食材はフライパンから焦げ付くことなく剥がれます。力を加えず、そっと端を持ち上げると状態が確認できます。
  8. 8.食材をひっくり返し、もう一度同じことを繰り返します。そして食材に塩を振ります。
  9. 9.ミディアムの焼き具合がお好みでなければ、もう暫くそのままにします。こうすれば、外側はコンガリと、内側はジューシーに焼きあがります。
クリスピーの商品詳細
Copyright© FISSLER JAPAN Ltd. All Right Reserved.