フライパンご使用にあたってのヒント

フライパンを正しく使っていますか?
魚やパンケーキがフライパンにこびり付いてしまったり、ステーキをうまい具合に焼き上げる事ができなかったりした事はありませんか?そんな時、本当にイライラしてしまいますよね。焼く、炒めるという事は、本来とてもシンプルな作業です。正しいフライパンを使用すれば、とても簡単に完璧な仕上がりが実現します。魚に色々な種類があるように、フライパンにも色々な特徴をもったものがある事をお忘れなく。
2-pan クッキングの薦め
コンガリ、カリッとした焼き上がり用にクリスピー・シリーズのフライパンを一つ、そして、軽い焼き上がりや、こびり付きやすい食材のためにはコーティングされたフライパンを一つと、2種類のフライパンを使い分けましょう。
手早く、コンガリ
赤身の肉や鶏肉といった食材を手早くコンガリと焼き上げたい場合、高温度まで熱する事ができるフライパンを使用します。ステンレス製の「クリスピー」シリーズは、器具をゆがめることなく、高温度まで熱する事ができます。熱伝導は非常に安定しており、均一です。
やさしく、ふっくらと
卵料理、炒めたポテト、パン粉をまぶした料理や魚など、軽くふっくらと焼き上げる場合、焦げ付き防止のコーティングをしたフライパンを使用するのが一番です。フィスラー独自のフッ素コーティングによって食材の焦げ付きを防止します。
その他、特別な調理には
ベーシックなフライパン以外にも、グラタン料理やすき焼き、しゃぶしゃぶを作ってそのまま食卓に出すことのできる「スペシャル・グラタン」もご用意。調理する、サーブする、調理しながらサーブする、の1枚3役をこなします。
Copyright© FISSLER JAPAN Ltd. All Right Reserved.